話しかける

私の姉は犬と猫をペットとして飼っています。
はじめは犬を飼っていたのですが、友人に猫をどうしてももらってくれと頼まれしぶしぶ猫を飼いだしたのです。
そして、それからは、猫のあまりのかわいさに、魅了されたといっていました。
犬は、単純で従順というのが良さなのですが、姉の犬はそんなに頭がよくないらしいです。
姉が体調がよくても悪くても、同じことを要求するだけで面白みがないらしいのですが猫はとても頭がよくて、いつも姉の機嫌とか体調もわかるらしいのです。
すごく落ち込んでいるときになぜか、すりよってきたり、疲れているときにも、少しだけ離れた場所にすわって、ずっと姉をみているそうなのです。
そういうちょっとした気遣いがたまらないといっていました。
また、普段はそんなに甘えてこないのに、朝方になると姉の布団の中に入っている様子がかわいいらしいです。
ペットの話しをさせると、もう話しがとまらなくなりますが、これは犬や猫を飼っている方の共通のことかもしれないですね。

選び方

皆さんは動物が好きですか?ネットで可愛い動物の写真を見ると私も一緒にくらしたいな!って思いますよね。
そんなペットですが、やっぱり生き物ですので衝動買いっていうのはいけないなって思います。
今回はペットを選ぶときに注意したい点をいくつか挙げたいと思います。
まず第一にペットを飼える住宅か?という点です。
たとえば狭いお家でラブラドールちゃんみたいな大型犬はあまり現実的ではないし、賃貸だったらペット不可ってこともありますよね。
鳴き声やニオイでトラブルになることも考えられます。
最終的に無理な飼い方をして悲しい思いをするのはあなたやペットです。
第二にペットの寿命です。
ねこちゃんやワンちゃんは寿命が10〜20年ぐらいと言われています。
その間ちゃんと一緒に暮らして見守ってあげられるか考えるといいと思います。
例えば若い方なら仕事で転勤になっても一緒に連れて行けるか?お年を召した方ならこの子を置いて旅立つことがないか?ちょっと想像してみてください。
もちろん愛情がいちばんです。
やっぱり疲れてかえってきたときに「おかえりー」ってかんじですり寄られるとほんとかわいくて疲れもふっとんじゃいますもの。