PCの電子式カルテとは業務への効率化を第一歩に推し進めます

手書きのカルテのメリットは、すぐに手書きができ、停電があっても取り出すことが可能です。またハッキングの心配もないです。ただカルテは、非常に重要な個人情報の固まりでもあり、ハッキングされなくても、盗難に遭ってしまえば被害は同じです。メリットとデメリットは常に隣り合わせとなっていて、どちらを選択するのかを考える事が大事です。電子化とは、アナログからデジタルに変わるだけではなく、業務の効率化を図る事ができます。特にカルテの呼び出し、保管に関しては、非常にわかり易く効率化がされます。患者さんの数が多くなればアナログの場合探すだけでも一苦労ですし、保管期限を過ぎた場合にデジタルでは処分も楽にできます。記入にPCを使うことが面倒という点もある方もいますが、いまでは手書きにも対応できるものもあり、入力に関しても不便さが改善されつつあります。

カルテを電子化することとは情報を共有できるということ

大きな病院でのカルテとは、他の科との連絡ツールでもあり、入院患者の方や多くの科をまたいで通院されている方が多くいる病院ほど、神であれば、移動がややこしくなります。きちんと仕組みを作っている病院がほとんどですが、それでもカルテの移動に時間がかかります。これが電子であればPCで呼び出すだけになるので、手間はかからず、病院の人間で情報をほぼ同時に共有することができるようになります。そして介護と連携している病院にとっても良い事は多いです。タブレットで情報を持つことができるので訪問看護、訪問医療の時に書き込んだことが、すぐに病院のホストに反映されますので、情報を共有することができます。また地域によっては遠方でも病院間での情報共有ができるようになり、電話などで聞き取りなどもなく、比較的スムーズに活動することが可能です。

電子カルテのデメリットとは何か

地方の医療に関しては、色々試行錯誤されていますし、介護の面など、老人の医療や介護もこれから、いろいろと変化が起こっていくことが予想されます。ただ診療所での電子カルテとは、開業時に導入していなければ、あまりにも費用的に大きくなってしまい、導入に踏み切れない、導入する気が無いという方も多いです。訪問医療に関しても紙のカルテで十分活動できる範囲である、また導入費だけでなく、セキュリティやアップデートなど維持費に関しても、メリットがデメリットを上回らなければ病院経営という面からも二の足を踏む原因になっています。この電子カルテのシステムは、各社で統一がとられているわけではなく、互換性があるか不明な部分もあります。それでもこれからさらに改良され、使いやすいシステムが構築されていくはずです。ぜひ注目してほしいです。