医療機関で導入している電子カルテとは効率が上がる

最近の新しい病院では、カルテを電子化するところが増えてきています。電子カルテとは文字通り、従来の紙のカルテではなくパソコンやタブレット端末で患者さんの情報を閲覧したり、編集したりできる仕組みのことです。電子カルテを導入することによって、データの管理などを効率的に進めることが可能となるなどのメリットを得ることができます。反対に電子化ならではのデメリットもいくつか存在します。これから電子カルテを導入することを考えられている方は、この記事を参考にしてみてください。この記事は電子カルテのメリットだけでなく、デメリットについても紹介していきます。メリットだけでなくデメリットを知ることで、電子カルテを導入する場合の、トラブルへの対策などを考えるきかっけとなれば幸いです。

電子カルテを導入するとは、どのようなメリットを得られるのか

電子カルテとは、デジタルのカルテのことです。デジタルということは、紙とは違い倉庫などで保管する必要がありません。つまり電子カルテを導入することによって、患者さんが増えるたびに、カルテを保管する場所を広げなければならないということがなくなります。またデータの共有もしやすいため、病院内での情報の連携がとりやすくなります。アクセス権限を持ってさえいれば、病院以外でもデータを閲覧したり、編集したりできるので場所を気にする必要がなくなるでしょう。電子カルテには、診療する科によって種類がわけられている場合もあるのでそれぞれの病院にあった電子カルテを利用することも可能です。様々なメーカーが電子カルテを提供しているので、すでに導入されている病院などから使い勝手などの意見を聞いてみるのも良いでしょう。

電子カルテを導入するとは、どのようなデメリットがあるのか

電子カルテとは、紙のカルテとは違い閲覧するためには電気が必要です。そのため災害などで停電になってしまった場合、カルテを閲覧また編集することができません。非常用の電源装置や自家発電の設備を整えておくか、緊急時には紙のカルテに切り替えるなどの対策が必要です。また、停電でなくてもサーバーなどのシステム障害などで、電子カルテを使用できなくなる場合もあります。この場合も紙のカルテに切り替えるなどの対策が必要でしょう。アクセス権限の管理をしっかりと行なうようにしなければ、機密漏洩などのトラブルを招くことになります。パスワードの管理はしっかりと行なうようにしましょう。電子カルテを導入する前に、こういったトラブルへの備えもしっかりと行なうことが大切です。不安なことがあれば、専門家などに相談してみるのも良いでしょう。