カルテの電子式とは従来の紙の物より効率アップに貢献できる

電子カルテとは、今まで紙のカルテで管理していた患者さんの病歴や病気の経過、薬の処方などが書かれたものを電子化し、色々な科にかかった際にも情報を共有できるようにしているカルテのことを言います。様々な業務効率化にも繋がりますし、カルテの情報を電子化することで、カルテを保管する場所を最小限に抑える事ができます。電子カルテの運用には莫大な費用と初期設定に時間を要するというデメリットな点もありますが、今や、総合病院では運用が当たり前になりつつありますし、個人医院でも運用がかなり進んでおります。個人医院の場合は、電子カルテを使用することで、大きな病院への紹介状と一緒に患者のデータをCDなどに落として渡す事も可能です。そして、予約などもこの電子カルテを導入することで、円滑にすることができます。

カルテを電子化することとは業務効率化の第一歩です

カルテを電子にするということは、医師の業務効率化にも繋がりますが、医師だけでなく、薬を処方する薬剤師や受付業務を行う看護師、入院した際にサポートする看護師の業務効率化にも繋がります。電子カルテ導入とは、様々な場所の業務効率化に繋がるのです。例えば、今まで様々な検査やレントゲンなどで結果が出るまで数日かかっていたものが、電子カルテを導入することで、瞬時にデータを共有し、待つことなく検査結果を知る事ができます。そして、何といっても、紙のカルテだと、医師の書く文字のクセなどで読みづらいということもありましたが、電子カルテの場合だとそれがないので、読み間違いなどのミスがありません。あとは、先程も言いましたが、紙カルテの場合ですと保管する場所を設けなければいけないので、カルテが増えれば増えるほど、その場所を要しますが、電子カルテの保管場所はサーバーになるので、サーバーの置き場所さえあれば大丈夫です。

カルテの電子化とは効率アップに繋がる最大の要素です

電子カルテの普及は、大きな病院を中心に普及率が年々上がっていますが、中小規模の病院の普及率も段々上がってきています。電子カルテの最大のメリットは業務効率化です。医師だけでなく、看護師、薬剤師、受付業務全ての業務が効率化できるのです。電子カルテと聞くと、若い医師には抵抗がないのかもしれませんが、年配の医師には抵抗があるかもしれません。ですが、電子カルテとはパソコンや端末があればどこでも操作できますし、年配の医師でもタッチペンなどで書くことにより返還される機能もありますので、入力が難しい、大変という医師にも簡単に電子カルテを操作することができます。そして、投薬や検査のオーダーについても、初期設定の段階で登録しておけば、そこから選択してオーダーすればいいので、同じ事を何度も入力する手間が省けます。それが業務効率化に繋がっていくのです。